理想の「社長の右腕」とは? 採用・育成のポイントを解説!

企業経営の舞台裏で、社長が胸をなで下ろして決断を下す背景には、「右腕」の存在があることをご存じでしょうか。

社長の右腕」とは、社長の考えや方針を深く理解し、経営のサポートを行う信頼できる人材のことを指します。

社長として経営の重責を背負う中で、一人で全てを判断・実行するのは非常に困難です。そこで、相談相手として意見を共有し、素早く的確な判断を下す力強いサポートが求められます。

そのような役割を果たす「社長の右腕」には、特定の特徴や資質が求められるのです。目標達成のための強い意志、経営の深い理解、そして公平な人間関係を築く能力など、数々の特徴を兼ね備えた人材が、真の「右腕」として活躍することになります。

この記事では、その特徴や適任者の条件、「右腕」を見極めるコツについて詳しく解説していきます。

目次

社長の右腕とは

社長の右腕とは
社長の右腕とは

経営において、社長のもとで活動するキーパーソンを「右腕」と言いますが、その存在と役割はどれほど重要なのでしょうか。

そもそも「右腕」とは

「右腕」という言葉を聞くと、多くの人はまず人間の体の一部、「右の腕」としてのイメージを持つかと思います。

しかし、ビジネスの世界において、この言葉は別の意味を持っています。ビジネスの場における「右腕」は、経営者やトップリーダーの最も信頼できる補佐役や、身近な部下を指す言葉です。

では、「右腕」としての役職には、どのような重要な役割があるのでしょうか。

まず、右腕は社長や経営者の意向や考えを非常に深く、正確に理解する必要があります。そしてその理解を元に、組織の中で社長の方針や意思を実際の行動に変えていくという大きな役割を担当しています。

簡単に言うなら、社長の思いやビジョンを実際の現場で具体的に動かすエンジンとしての役割があるのです。

さらに、右腕としてのもう一つの重要な役割は、経営者の視点を兼ね備えておくことです。

経営者は全体を見る大きな視野を持っている一方で、細かな部分や現場の声を直接聞くのが難しい場合もあります。そのため、右腕は経営者の視点と現場の視点をつなぐ橋渡しとして、組織全体の方向性をしっかりと確立する上でのブレインとして活躍するのです。

このように、「右腕」とはビジネスの場において重要な役職を持つ人物を指す言葉となっています。

社長には右腕(No2)が必要?

経営の世界は複雑であり、その中で一人の人間が全ての判断や業務をこなすのは大変なことと言えるでしょう。特に、中小企業や新しく事業を始めたスタートアップのような組織では、手元にあるリソースや時間、人手が限られている中で、さまざまな業務に対応しなければなりません。

そんな状況下で、経営者や社長が一人で全ての業務や判断を下すのは、実際には難しいことなのです。

上記の理由から、経営において「右腕」と呼ばれる存在が重要なのです。この「右腕」は、単に社長の指示に従うだけの存在ではありません。

社長の右腕となる人物は社長の考えやビジョンを深く理解し、それを具体的な行動や計画に変えていく役割を持っています。

さらに、右腕は社長とは異なる視点や経験を持ち合わせていることが多く、社長の考えをカバーする意見や、新しい視点からの提案を行えるのです。

このように、社長と右腕がお互いの強みを活かしながら協力し合うことで、全体としての経営の効率や質が向上します。その結果、組織や会社全体の業績の向上や、よりよい経営判断を下す手助けとなるのです。

端的に言うと、社長と右腕がしっかりと連携し、互いの力を最大限に活用することで、経営全体がより円滑かつ効果的に進められるのです。

\ 全世界で20万社導入のビジネスの設計図 /

「社長の右腕」を持つメリット

「社長の右腕」を持つメリット
「社長の右腕」を持つメリット

経営の現場において、社長のもとで一緒に仕事を進める「右腕」の存在は計り知れない価値があります。続いては社長の右腕を持つメリットについて解説しています。

メリット(1)相談相手ができる

経営の舞台裏での様々な決断や判断が、多くの場面で社長一人の肩にのしかかるため、社長はよく孤独を感じています。

例えば、企業の方針を決める際や、大きな投資判断をする時、または新しい市場への進出といった大胆な戦略を選択するときなど、その判断の行方が企業の未来を左右することも少なくありません。

特に困難な状況やまったくの未知の問題に直面したとき、社長が持っている知識や経験、視点だけでは、答えや解決策を見つけ出すことが難しいこともあるのです。

その時に、社長の側に信頼できる「右腕」としての存在がいれば、その人の視点や経験、考え方を参考にして、共に問題を考え、解決の糸口を見つけることができます。

一人で悩んでいると、思考が固定化しやすくなりがちですが、信頼できる右腕が側にいれば、異なる角度からの意見や提案を得ることができ、より多角的に問題を考えることが可能となります。

このような深い信頼関係やコミュニケーションは、経営の質を大きく向上させる要因となり、最終的にはより適切かつ賢明な経営判断を下すための大きな支えとなるのです。

メリット(2)意思決定がスムーズになり行動が早くなる

経営の世界では、「スピード感」が重要視されています。その理由は、今の時代は情報が瞬時に広がり、市場の変化も非常に早く、企業が生き残るためには、素早い判断と行動が求められるからです。

このような環境下で、企業のトップである社長が持っている考えや方針を、組織全体にすばやく伝え、具体的な行動に移すことが非常に大切になります。

ここで「右腕」という存在の役割が非常に大きくなってきます。右腕は、社長の思考や意向を直接的に理解し、それを組織の中で具体的な行動や方針として展開する役割を持っています。

社長と右腕との強い信頼関係やコミュニケーションの質が高ければ、社長の意向を右腕が速やかに理解し、その考えを組織全体に伝えることができます。これによって、意思決定のプロセスがスムーズになり、企業全体としての行動の速度が大幅にアップするのです。

さらに、右腕が社長の意向を正確にキャッチし、それを組織に的確に伝えることで、組織全体の動きが一致し、より迅速に動くことができます。このようなスピーディーな経営体制は「経営のアジリティ」とも言われ、変化の激しい現代のビジネス環境においては、企業の競争力を高めるための重要な要素となっています。

メリット(3)社員の育成がやりやすくなる

社員たちを適切に育成し、能力を最大限に引き出すことは、企業の将来的な成功を大きく左右する要因と言えます。

しかし、大きな組織や急成長している会社では、社長がすべての社員と直接的にコミュニケーションをとり、個々のニーズや成長過程を把握するのは困難です。

このような状況で、「右腕」という存在が非常に価値を発揮します。右腕は、社長と社員たちの間に立ち、両者の間のコミュニケーションを円滑にする役割を果たします。社長の思考や経営方針を理解した上で、社員の日常の業務や悩み、成長の過程を把握し、それを社長に伝えることで、社員一人ひとりの能力や特性を最も効果的に活用するための方法を見つけ出すお手伝いをします。

また、右腕が社員の育成やキャリアの指導を行うこともあるのです。

、ある社員が特定のスキルや知識を持っていることを右腕が把握し、その社員に最も適した業務やプロジェクトを割り当てることができます。また、社員の成長を促すためのトレーニングや研修、キャリアアップのためのチャンスを提供することもできるのです。

このように、右腕の存在によって、組織全体としての人材育成が効率的に、かつ的確に進められるようになり、結果として企業の競争力を一段と向上させることが可能となります。

\ 全世界で20万社導入のビジネスの設計図 /

社長の右腕になる人の5つの特徴

社長の右腕になる人の5つの特徴
社長の右腕になる人の5つの特徴

経営の現場において、「社長の右腕」として活躍する人は、組織の中で非常に重要な役割を果たします。

続いては、右腕を任される人が持っている共通の特徴を5つ紹介します。

特徴(1)目標に対して愚直にやり続けられる人

困難な局面で、経営トップとしての社長にとって頼りになる存在が「社長の右腕」と呼ばれる人物です。このような社員は単に上からの指示を待つのではなく、自らが率先して行動し、与えられた目標に向かって情熱を燃やします。

特に注目すべきは、右腕が目の前の困難や障害に遭遇したときの姿勢です。多くの人が困難な状況に遭遇すると、途中で挫折したり、違う方法を模索することも考えるかもしれません。

しかし、社長の右腕として活躍する人たちは、そのような難局でもめげずに、目標に一貫して取り組む力強さを持っています。右腕は、困難を乗り越えることが組織全体の成長につながるとの信念を持っており、その堅実な取り組みによって、組織の進行方向を安定的に保つ役割を果たしています。

このような人物の存在は、組織にとって非常に価値が高く、右腕がいることで社員一人ひとりも安心して業務に取り組むことができます。また、右腕の行動や姿勢は、組織内のロールモデルとしても機能し、他の社員たちにも前向きな取り組みを促すこととなるのです。

特徴(2)経営理念やミッションへの理解力が高い

企業がどのような価値観を持ち、どんな目的のために存在しているのかを示すもので、まさに企業の根本的な指針や存在理由を明確にする要素と言えるでしょう。これを知り、深く理解することは、企業の舵取りをする上での基盤となるのです。

ここで、社長の右腕としての役割を果たす人物の重要性が浮かび上がります。この人物は、単に日常の業務を遂行するだけではありません。

社長の右腕を務める方には、経営理念やミッションという大きな方針を胸に刻みつけ、それを実際の業務やプロジェクトにどのように落とし込むか、また、その精神を社内の各メンバーにどう伝えていくかを考える役割が求められます。

実際の業務の場面で考えると、例えば新しいプロジェクトが始まったときや意思決定の際、その企業の経営理念やミッションに照らし合わせて、正しい選択や方向性を判断する能力が必要となります。

また、日々の業務の中で社員たちが迷ったときや、新しいアイディアや提案が出されたとき、その提案が企業の理念やミッションに合致しているかを評価する目も必要です。

このように、社長の右腕として活躍する人物は、経営理念やミッションを骨身に染み込ませ、それを具体的な行動や判断に反映させる能力を持っているのです。その存在は、企業の羅針盤のような役割を果たし、組織全体を正しい方向へと導くのです。

特徴(3)KPIに基づいた戦術に納得感がある

KPI(Key Performance Indicator)は、「主要な業績指標」という意味です。これは、事業やプロジェクトが成功しているかどうかを測定するための具体的な指標のことを指します。

例えば、売上、顧客満足度、製品の品質など、その事業やプロジェクトが目指す目標に応じて、様々なKPIが設定されることが一般的です。

成功を追求する上で、KPIを設定し、それに基づいて戦術や戦略を組み立てる能力は非常に重要です。なぜなら、KPIは具体的な数字や目標を示すものであり、それに基づいてアクションを起こすことで、目標達成への進捗が明確になるからです。

一方で、ただ数字を追い求めるだけではなく、そのKPIがなぜ重要であるのか、その背景や意義を深く理解し、納得の上で取り組むことが大切です。

この納得感は、組織内の他のメンバーへの指導の質にも繋がります。

例えば、あるプロジェクトの目標として「顧客満足度を90%以上にする」というKPIが設定されたとしましょう。このKPIがなぜ設定されたのか、それを達成することで企業にとってどんなメリットがあるのかを明確に理解していると、その意義や重要性を他のメンバーにも伝えやすくなります。

そして、その納得感と共有された目標意識の下、チーム全体が一致団結して取り組むことで、目標達成に向けた動きがスムーズになるのです。

つまり、成功の指標となるKPIをしっかりと理解し、それを基盤に戦術や戦略を組み立て、そしてそれをチーム全体で共有することで、より効果的な業績向上を実現することができるのです。

特徴(4)物事をフラットに見られる

社長の右腕としての役割は非常に重要であり、その中でも特に情報や意見に対する客観的な視点を持つことが不可欠です。では、なぜ客観的な視点が求められるのでしょうか。

経営の現場では、日々様々な情報や意見が飛び交います。これらの情報や意見は、部門や担当者、さらにはその時点の状況によって大きく変わることがあります。

そのため、これらをそのまま受け入れてしまうと、一部の偏った視点や意見に引きずられる危険性が高まります。こうした偏りは、経営判断の際にバイアス(先入観や偏見)を生む原因となり、時として最適ではない判断を下してしまうリスクを孕んでいます。

ここで、社長の右腕の役割が重要になってきます。右腕は、様々な情報や意見に偏見を持たず、冷静にその真偽や背景を見極める能力が必要とされます。

これによって、各部門や担当者からの情報や意見を客観的に分析・評価することができ、それを基に公平かつ正確な判断を下すことができるのです。

この公平な判断は、組織全体のバランスを保ち、各部門や担当者が公正に評価される基盤を築く役割を果たします。

特徴(5)敵を作らず誰にでも平等に接することができる

人間関係のトラブルは、組織にとって大きな障壁となり得ます。これは、一見些細な問題や誤解が、チーム内の信頼関係を損なったり、仕事の効率や品質に悪影響を及ぼすからです。

つまり社員が心地よく、安心して働ける環境が保たれないと、その組織の生産性は大きく低下してしまうのです。

ここで、社長の右腕の役割が非常に重要となってきます。組織の中でリーダーシップを発揮する右腕は、多様なバックグラウンドを持つ社員たちとのコミュニケーションを日常的に行います。

この際、特定の人やグループに対する偏見を持たず、公平な態度で接することが求められます。なぜなら、もし右腕が不公平な態度や偏見をもって接すると、それが組織内の不信や不満を生む元となってしまうからです。

また、社長の右腕が公平で偏見のない対応を心がけることで、社員たちは自分の意見や懸念をオープンに共有しやすくなります。このようなオープンなコミュニケーションの土壌が築かれると、潜在的なトラブルや誤解を早期に解消することができ、組織全体のコミュニケーションが円滑になるのです。

その結果、組織は更なる成長と生産性の向上を期待することができるのです。

\ 全世界で20万社導入のビジネスの設計図 /

社長の右腕に適した人とは

社長の右腕に適した人とは
社長の右腕に適した人とは

社長の右腕としての役割は、経営において極めて重要です。そのため、この役割を担うには、一定の特質や能力が求められます。

ここでは、社長の右腕に適している人の特徴を4つ紹介します。

社長の周辺業務を巻き取ることができる

経営者や社長が直面する業務や課題は非常に広範囲であり、事業の展開、社員のマネジメント、業界のトレンドの把握、顧客との関係構築など、多岐にわたります。

社長は、企業全体の方向性を決定するための戦略的な判断を下さなければならず、その中で日々の業務の細かい部分にまで目を向けるのは容易ではありません。この巨大な責任の中で、経営者が効率的に業務を遂行するためには、身近なサポートが不可欠です。

ここで登場するのが、社長の「右腕」と称される人物です。この人は、経営者が抱える業務や課題の中で、特に手が回らない部分や日常的なオペレーションを自らの責任として取り組むことが期待されます。

例えば、経営者が関与する会議の準備、関連資料の作成、重要な決定に関する情報の収集や分析、社内外のコミュニケーションのブリッジとなる役割などが考えられます。

社長の右腕がこれらの業務を適切にサポートすることで、経営者は企業全体のビジョンや大きな戦略に専念することができるようになります。これは、まるで大きな船を進める船長が、船の全体的な進行方向に集中するために、船員に具体的な作業を任せるようなものです。

このように、右腕が自ら進んで周辺業務を巻き取ることで、経営者の負担が軽減され、組織としての効率と効果性が大きく向上するのです。

事業を理解しており、社長と対等に話ができる

経営とは、企業の舵取りをする重要な役割であり、その中心には経営の方針や事業戦略といった大きな方向性が存在します。これらの方向性は、企業が将来どのような形になりたいのか、どのような価値を提供したいのかというビジョンを具体的に示すものです。

しかし、その実現のためには、経営者だけでなく、その周りの信頼できるメンバーとの協力が不可欠です。

ここで、社長と対等な立場での意見交換の重要性が浮かび上がります。対等な立場とは、単に階層や役職に囚われずに、オープンかつ率直に意見や情報を共有できる関係を指します。

経営者も人間であり、自らの視野や知識には限りがあります。そのため、事業の深い部分まで理解し、それに基づいて意見や提案ができる人物が経営の側にいることで、より総合的な判断や多角的な視点からの策定が可能となります。

さらに、このような関係性が存在することで、経営者とその右腕となる人物は、企業の現状や将来に対する認識やビジョンを深く共有することができます。これによって、互いにカバーしながら、共同で事業の成長戦略を考え、具体的な行動に移していくことができるのです。

結果として、企業全体としての目的や目標達成に向けた効果的な行動が促進され、より早くかつ確実に目的地に到達することが期待されます。

社内の事情に精通している

経営とは、企業を適切な方向に導く役割を果たすものであり、それを行う上での情報収集と分析は非常に重要です。

この情報には、企業の外部環境だけでなく、社内の事情や現場の声も含まれます。なぜなら、経営の決定が現場での実際の作業や従業員のモチベーションにどのように影響するかを理解することが、良好な経営を行う上での鍵となるからです。

しかし、多くの企業の経営者やトップリーダーは、組織の規模や業務の多忙さから、日々の業務の現場に直接関与することが難しい場合が多いです。

ここで、社長の右腕の役割が非常に重要になってきます。右腕は、経営層と現場の間の橋渡し役として、社内の動向や問題点を敏感に察知する責任を持っています。これには、定期的に部門やチームのミーティングに参加する、現場のスタッフとのコミュニケーションを頻繁にとる、問題が発生した際の対応や解決策を迅速に考えるといった取り組みが求められます。

そして、これらの情報や気づきをもとに、経営層に対して適切なフィードバックを行います。このフィードバックは、企業の方針や戦略の修正、新たな取り組みの提案など、経営の方向性をより良くするための重要な意見や情報になるでしょう。

社内外問わず人脈がある

ビジネスの舞台裏では、単に製品の質やサービスの提供だけでは成功を収めることは難しいことが多いです。それと同時に、ビジネスパートナーや取引先、顧客や他の関連組織との関係性が企業の成功のカギを握ることもしばしばあります。

このような関係性の中核に位置するのが、人脈や交流です。

人脈とは、個人や企業がビジネスの中で築き上げてきた関係のことを指します。これには、長年の取引関係から、カジュアルな会食やセミナーでの出会いまで、様々な形での接点が含まれます。

一方、交流とは、これらの人脈が繋がり合って形成される広がりのことを言います。実際に、新しいビジネスチャンスを掴むためや、困難な問題を解決する際に、このネットワークを活用することが多々あります。

ここで、社長の右腕の役割が非常に重要となってきます。右腕は、社内外のさまざまな人々との接触を頻繁に持ち、その中で信頼関係を築くことに長けています。

これによって、企業が直面する様々な課題やチャンスに対して、適切な人脈やネットワークを活用して解決策を導き出したり、新たなビジネスの道を開いたりすることができます。

結果として、これらの広範なネットワークを持ち、それを巧みに使いこなす能力を持つ社長の右腕は、組織の利益を最大化するための大きな武器として機能するのです。

\ 全世界で20万社導入のビジネスの設計図 /

社長の右上でを選ぶコツ

社長の右上でを選ぶコツ
社長の右上でを選ぶコツ

社長の右腕は、企業経営において非常に重要な役割を担います。そのため、適切な人材を選定することが求められます。

以下に、右腕を選ぶ際の3つの重要なポイントを紹介します。

Get it(業務を理解できる)

ビジネスの現場において、ただ仕事を進めるだけではなく、その背後にある目的や意味を理解することは非常に重要です。この理解は、単に業務の進行や結果を向上させるためだけでなく、適切な方向性を定める際の基盤ともなります。

特に、組織のトップやその補佐を務める人々にとっては、この理解の深さがその後の経営の成果に大きく影響することが多いです。

具体的に言うと、「業務の理解」とは、単に手続きや作業の流れを知ることだけではありません。それは、企業の経営方針や事業内容、そしてその業務が行われる現場の実態や課題を、細部に至るまで知ることを意味します。

例えば、企業が取り組む新しいプロジェクトの背景や、市場の動向、競合他社の動きなどをしっかりと把握している必要があります。

こうした深い理解があると、社長と右腕との間でのコミュニケーションが非常に効率的になります。なぜなら、双方が同じ情報を基に話を進めることができ、無駄な説明や誤解を避けることができるからです。

また、突発的な問題や意思決定の必要が生じた際にも、その背景や状況を熟知しているため、迅速かつ的確な判断を下すことが可能となります。このように、業務の深い理解は、経営の効率性や正確性を大きく高める要素として、社長の右腕としての役割を果たす上で不可欠なのです。

Want it(業務に対するやる気がある)

ビジネスでは、特に経営の現場は、一見安定しているように見えても、実際には様々な要素が絶えず変わっています。市場の動き、技術の進化、顧客のニーズ、競合状況など、多くの外部要因が経営を取り巻く環境を日々変化させています。

それに加えて、組織内部でも人間関係やチームの動き、新たなアイディアや意見が生まれることで、新しい課題や問題が次々と浮上してくることが一般的です。

このような絶えず変動する環境の中で、ただ業務を遂行するだけではなく、前向きに新しい課題に取り組むためには「やる気」が不可欠です。

やる気とは、単にモチベーションが高い状態を指すのではなく、業務に対する深い熱意や情熱を持ち、それを持続的に維持することを意味します。なぜなら、やる気があることで、困難な状況や未知の問題に直面したときでも、途方に暮れず、解決策を探る姿勢を保つことができるからです。

社長の右腕として活動する場合、特にこのやる気は欠かせない要素となります。社長の代わりや補佐として、組織のさまざまな部分を連携させたり、重要な意思決定をサポートする役割を担うため、経営に対する強い情熱や熱意が必要です。

そのため、どんな困難な状況であっても、業務に対する情熱を持ち続けることができる人は、社長の右腕として、組織を導くのに最も適していると考えられます。

Capacity to do it(業務を遂行する能力がある)

ビジネスの世界において、知識や意欲だけでは結果を出すことは難しいと言われています。それはなぜかというと、具体的なアクションや実行がなければ、どんなに優れた理解力とやる気を持っていても、それが現実の成果につながることは稀です。ここで重要となるのが「業務遂行能力」です。

「業務遂行能力」とは、業務を効果的に進めるためのスキルや経験を指します。これには、計画を立てたり、タスクを整理・優先順位をつけたり、リソースを適切に活用する能力などが含まれます。

また、経営においては、定められた方針やビジョンを、具体的な戦略やアクションプランに変換し、それを実際の業務として展開する能力が求められます。これは、高い分析力や戦略的思考が必要とされる作業であり、これを持っているかどうかが、経営の成功を大きく左右します。

さらに、一人で業務を進めるのではなく、多くの場合はチームや部署、時には外部のパートナーと連携しながら業務を進めることが必要です。このような状況で効果的に業務を進めるためには、リーダーシップが欠かせません。

リーダーシップとは、人々を指導し、動機づけ、方向づける能力のことを指し、これによってチーム全体が一丸となって目標に向かって努力することが可能となります。

そして、業務遂行の中で予想外の事態や変更が生じることも多々あります。そうした際に、固定的な考え方に縛られず、柔軟に状況に応じて業務を遂行できる能力も非常に価値があります。

社長の右腕としての役割を果たすためには、業務の深い理解や強いやる気だけでなく、具体的な業務遂行能力が不可欠です。これらの組み合わせが、社長からの信頼を得て、組織を効果的に導くための鍵となります。

\ 全世界で20万社導入のビジネスの設計図 /

まとめ

まとめ
まとめ

「社長の右腕」とは、経営者の信頼できるサポート役や助言者のことを指し、社長の右腕の存在は経営において非常に重要です。

そもそもの「右腕」とは、組織の中で主要な役割を果たす存在とされ、経営者にとっては欠かせない存在であり、それには多くのメリットがあります。

しかし、このような重要な役割を果たす「社長の右腕」となるためには、それに相応しい特徴や能力が求められます。

右腕は目標に対して情熱を持ち続けるだけでなく、経営理念やミッションに深い理解を持っている必要があります。さらに定められたKPIに基づいた視点で物事を客観的に見る能力や、すべての人と平等に接する柔軟性も備えているのです。

また、社長の右腕に適した人は、社長の業務をサポートする能力、事業の深い理解、社内の事情への精通、そして広範な人脈を持つことが特徴的です。

社長の右腕を選ぶ際のコツは、業務を理解し、それに対する情熱ややる気を持ち、さらに実際の業務を遂行する能力を持つ人を見つけることです。

経営の舵取りを担う社長が直面する日々の課題。その中でも、「社長の右腕」としての信頼される存在を育てることは、企業成長の鍵と言えるでしょう。そこで、EOS(Entrepreneurial Operating System)の登場です。このシステムは、中小企業の経営の課題を解決し、強力な右腕を育成するための経営指南サービスとして設計されています。

EOSの導入は業種を問いません。日本国内の導入実績としては、ECマーケティング会社の拡販(3年間で売上高250%)やコンビニエンスストア(多店舗オーナー経営)の部門別専門職制度の導入など実に様々です。

私たちは、EOSの導入にご興味を持たれた経営者の皆様に対して90分の無料ミーティングを実施します。EOSのインプリメンターが、現状の経営課題をヒアリングした上で、EOS®導入のメリット、成功事例、スケジュール感などの詳細をご説明します。


ご契約後は、ティーチングおよびコーチングの伴走者としてフォームにズレが生じないよう、2日間じっくりと時間をかけてすり合わせをします。月例ミーティングはファシリテーション形式で運営し、ビジョンを構築することから開始します。ミーティング場所は、日常から抜け出したオフサイト(外部会議室など)で、1日(9時‐17時)かけて実施します。

気になる方は無料相談、またはEOS のツールを無料でお試しください。

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次